高麗人参による病気の予防・改善

糖尿病

生活習慣病の1つである糖尿病は、2015年に公表の患者数が316万人を超えています。 世界規模でも爆発的に患者数が増加していると言われる糖尿病にも、高麗人参の予防・改善効果が期待されています。

糖尿病にはいくつかの分類があります。1型糖尿病は膵臓の細胞に何らかの理由でダメージが起こり、インスリン分泌が低下します。 また、2型糖尿病は日本人に多く見られ、生活習慣の問題からインスリンの分泌量が減少します。

他には遺伝的な問題がある場合や、他の疾患の治療で薬を飲んで起こる糖尿病があります。 妊娠糖尿病と言われるものもありますが、糖代謝異常という血糖値のコントロールが難しい状態で、正確に分類すると糖尿病ではないと言われています。

膵臓の働きが低下することで、糖分を代謝するインスリンの分泌が悪くなると、血液中に存在する糖分が多くなり、血糖値が上がってしまいます。

過剰な糖分を摂取しても同様のことが起こるので、高麗人参の食物繊維が、糖分が腸から吸収されるのを阻害すると血糖値の上昇が穏やかになる可能性が指摘されています。

また、愛媛大学の研究によると、高麗人参のうち紅参を使用したところ、含有成分の水溶性ピログルタミン酸、酸性ペプチドがインスリンのような働きをすることを発表しています。

ジンセノサイドRb1には中性作用脂肪を分解・合成促進するインスリンのような作用が確認されていますし、ジンセノサイドCKには抗糖尿作用があると言われています。 もちろん、糖尿病の治療薬として使用するのではありませんが、糖尿病の予防や改善に役立つことは確かでしょう。

2014年の調査では、糖尿病予備軍とされる方が、男性で15.5%、そして女性では9.8%だと言われています。

糖尿病の診断を受けると食事の制限や栄養管理がありますし、通院や投薬など費用面での負担も感じるでしょう。 中には重度の糖尿病となり、食前にインスリン注射を自分で打たなくてはいけないケースもあります。 そのため予防はとても重要となり、高麗人参で予防のサポートをすることが可能です。

糖尿病になると、合併症として白内障や糖尿病性腎症などになるリスクもあります。 医療機関での治療をしながら、高麗人参を使用していると合併症リスクが軽減できるでしょう。

ジンセノサイドRk1には糖尿合併改善の効果があると期待されています。 急激な血糖値のアップダウンが続くと、血管が固くもろくなるリスクも指摘されています。

高麗人参には、血管をしなやかに保つ働きがあるので、二次的なトラブルの予防にも役立つでしょう。

ただし、実際に糖尿病性腎症になっている方は、高麗人参の摂取に注意が必要です。 高麗人参にはカリウムが含まれていますので、医師からカリウム制限を受けたら、相談してから高麗人参を使用したほうが安心でしょう。